ハート脳梗塞リハビリ・ラボが新聞で取り上げられました。\(^o^)/

2021.03.05

理学療法士の岡田です。

当施設、ハート脳梗塞リハビリ・ラボが新聞で取り上げられました。

スゴイ!

WHO(世界保健機関)が定めた鍼灸の適応症にも脳卒中の後遺症が認められています。

頭皮へ刺激を与えることで脳の中枢部分を刺激され、さらに手や足に鍼をすると末梢神経が刺激されます。

その刺激が脳へと届くと脳機能の覚醒と血流増大が起こり、脳機能が改善していきます。

当施設で実施されている醒脳開竅法は中国で歴史と実績のある、脳卒中後後遺症に特化した鍼治療法です。

中医学では脳卒中を「中風」と呼びます。
約2300人の患者さんに対して有効率97%という効果を出している治療法です。

なぜこれだけ有効な治療法が日本で広まっていないかというと、手技が特殊で、扱える人がいないという事があげられます。

東洋医学と西洋医学の融合です。よろしくお願いいたします。(*- -)(*_ _)ペコリ