脳梗塞

脳梗塞

脳梗塞とは

脳梗塞とは”梗塞”という「ものが詰まり流れが通じなくなる」という言葉通り、脳の血管が詰まることで脳の障害が発生してしまう病気のことです。
脳梗塞は、1951年から約30年に渡って、死亡の原因の第1位でした。現在では、その後の急性期治療の進歩により、がん、心疾患、老衰に次ぐ第4位となっていますが、脳血管障害の患者さんは現在約110万人となっており日本人の100人に1人が発病しています。
脳は人間の身体の中でも重要な器官です。多くの酸素と栄養を必要とし、動脈を流れる血液によって脳へと運ばれていきます。
ですが脳梗塞が起こると酸素や栄養が突然停止してしまいます。
そのため脳は大きなダメージを受けてしまい、重大な後遺症が残ってしまったり、最悪の場合命を落とす可能性もあるのです。

脳梗塞の原因

主な症状に「脳血栓症」と「脳塞栓症」の2つがあります。

脳血栓症

脳の動脈など太い血管にドロドロのコレステロールの固まりができてしまうと、そこへ血小板が集まってきます。
すると動脈が塞がれ血栓ができてしまい血管が詰まることによって引き起こります。
血栓ができる要因として考えられるのは、動脈硬化などによる血管壁の変化や、血液のうっ滞や濃縮などによる血流の変化、抗リン脂質抗体症候群などによる血液凝固能(血液が固まる機能)異常などがあります。
また、高血圧、高脂血症、糖尿病など生活習慣病が主因となります。

脳塞栓症(心原性脳塞栓症)

脳の血管は太い血管からいくつもの細い血管へ枝分かれしています。
その枝分かれした細い血管が詰まってしまうことにより発症します。
塞栓の最大の原因としては心臓弁膜症や不整脈である心房細動などにより心臓内にできた血液のかたまりにより起きると考えられています。

脳梗塞の種類

ラクナ梗塞(脳血栓症の一種)

「ラクナ」とはラテン語で「小さなくぼみ」という意味を持っています。
脳の中の穿通枝(せんつうし)という細い血管が詰まって起こる症状です。
高血圧などが要因となり、細い血管が詰まるものをラクナ梗塞といいます。
ダメージを受ける部分が小さいので症状が現れ辛く、無症候性脳梗塞とも呼ばれています。
症状が出ないと言っても安心できません。
放っておくと本格的な脳梗塞や脳出血を発症したり、認知症になるリスクも高まります。

アテローム血栓性脳梗塞(脳血栓症の一種)

脳の太い動脈が「アテローム」という「粉瘤」(ふんりゅう)によって狭くなることによって発症します。
太い動脈が閉塞されるので重症化するケースも少なくありません。
動脈硬化が症状のベースにあるため高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病が発症を引き起こす主な要因となってきます。

心原性脳塞栓症(脳塞栓症の一種)

心臓内でできた血栓が血流によって脳に運ばれてしまい、脳内の太い血管や複数の血管を閉塞させてしまうことによって発症します。
他のタイプの脳梗塞と比較して前触れなく突然発症します。
発症直後の神経症状の完成や失語、失行、失認などいわゆる高次脳機能障害を伴うことが多く、重症になりやすいという特徴があります。

脳梗塞の後遺症

発症後は身体の司令塔である脳に大きなダメージが残ってしまいます。
脳の細胞がダメージを負うと体の麻痺や感覚の障がい、さらには脳への障がいが残る可能性も高いのです。
症状によっては日常生活に影響が出てしまうこともあるので症状だけでなく後遺症まで理解しておくことが大切です。

運動麻痺

手足の細かい動きが難しいなど軽度のものから、口や舌の動きがスムーズに行えず、食事が詰まりやすくなる、身体のバランスが取りづらい、思うように動かなくなるなど不具合が生じます。
主に体の左右どちらかに起こることから「片麻痺」とも呼ばれています。

感覚障害

麻痺が起きた側の身体には、触れた時の感覚が分かりづらくなり、温かさや冷たさ、痛覚や触れた感覚が鈍くなる、逆に強く痛みを感じてしまうなどのケースも見受けられます。

視覚障害

視野が狭くなった、物が二重に見えるという「複視」や視野の半分が見えなくなってしまう「半盲」などがあげられます。
発症後長期間にわたって症状が残る場合もあります。

高次機能障害

呂律の回りにくさで思った通り話せなくなってしまう「構音障害」、脳の学習部分に損傷が起こって言葉を理解することが難しくなる、読み書きができなくなってしまう「失語症」。
さらには、視覚には問題がなくても物が認識できなくなる「失認」や普段使用している物の使いかたや衣服の着方がわからなくなる「失行」などの症状も起こることがあります。現れる症状は様々です。

リハビリの必要性

症状に対して社会復帰のために行う訓練を総称し、「リハビリテーション」といいます。
ラテン語で「re(再び)habiris(適した)」という語源から成り、発症以前と変わらない水準の生活を目指していきます。
神経機能の改善のメカニズムはまだ明かされていないことも多いです。
ですが、放っておくと筋力は衰える一方なので、それを食い止めるという意味でも早期に実施することは改善に向かうための第一歩と言えます。
運動機能の改善だけでなく、一人ひとりの障害・程度に応じたリハビリを行い、ご利用者様が元々行っていた日常生活にスムーズに戻ることは心理的・社会的な改善にもつながります。
それこそがリハビリの重要性といっても過言ではありません。

当施設はこんな方にお勧め

  • オーダーメイドのリハビリを受けたい方
  • マンツーマンでリハビリを受けたい方
  • 専門家の意見が聞きたい方

Experience初回お試しコース

お1人様 1回限定

ご利用までの流れ

STEP1

電話

初回お試しコースのご予約

お電話( 052-212-6889 )にてお試しコースをご予約ください。

STEP2

背術風景01

初回お試しコースを体験

施術に加えカウンセリングも1時間行います。
症状の原因を洗い出し、わかりやすくご説明いたします。

ご利用当日の流れ

背術前カウンセリング

施術前カウンセリング

ご病気になられてからの経緯をお聞きし、今お困りの症状を東洋医学的、西洋医学的両方の視点で判断します。そして、生活上不便なこと、これから叶えたいことなどについてしっかりとお伺いします。

背術風景02

施術

鍼灸、リハビリ、トレーニングの流れで当施設の施術を体験していただきます。

結果のご説明

結果のご説明

身体を動かしていただき、痛みの軽減や可動範囲の広がりを確認、ご説明いたします。
また、ご自身でできるお身体のケアについて説明していきます。

動画によるご説明

まずはお試しください初回お試しコース

効果を実感できるまで
費用はかかりません
限定期間”お試しコース無料”

鍼施術

リハビリ

医療機器・動画検査

カウンセリング

あなたの症状お聞かせください

052-212-6889 お問い合わせ

Questionよくいただくご質問

どのような方が利用していますか?

急性期やリハビリテーション病院から退院した後すぐの方から、手足の障害や麻痺(まひ)など発症後数年が経過し自宅で過ごしている中でお困り事が出てきた方にもご利用いただいています。

リハビリはいつから開始できますか?

当施設ではまずは体験コースからの利用をお勧めしています。
体験といってもリハビリはコースと同じ内容です。
筋肉や関節など専門家がしっかり状態を確認させていただくことで継続利用による改善度合いやその期間、そして身体の潜在能力による回復見込みもお伝え致します。

病院のリハビリテーションや介護サービスの訓練と何が違いますか?

病院では医師による診察・治療を受けてリハビリをすることになりますが、状態が安定した中でご利用いただくことが多い当施設では理学療法士や作業療法士、鍼灸師が担当してお身体の評価・リハビリを行います。
例えば、筋力が低下しているポイントを見極め、動かし、日常生活の中で自立できることを増やしていきます。

介護サービスで行う機能訓練は集団もありますが、当施設ではマンツーマンで行っています。また、時間が1回120分となりますので、充実した内容を受けられます。

車いすや寝たきりでも利用は可能ですか?

はい、ご利用いただけます。

ベッドでの寝たきりや運動の機会が少ないことで廃用症候群といわれる合併症になってしまったり、神経症状として麻痺が進んでしまうことがあります。
そのため、起き上がりや寝返り、立つ練習を行うことでトイレなど家族の介助が楽になることも大切だと考えています。

実際にご利用されている方も「ご利用者様インタビュー」でご紹介しておりますのでそちらもご覧ください。

医師の紹介は必要でしょうか?

医師の紹介は必要ありません。
もし、入院していた頃の記録や退院時の診療情報をお持ちでしたらご持参ください。
健康的な生活を維持していくため、脳や血管系へ良い食事管理方法についてもカウンセリングの時間にお話させていただきます。

どのような服装が良いですか?

動きやすい服装が好ましいですが、室内は個室も完備しておりますので、お着替えも可能です。