リハビリ

当施設のリハビリについて

脳卒中に特化したハイブリッドリハビリ

日本で開発され世界が注目している「川平法」とイギリスで開発され世界中で中枢神経疾患のリハビリテーションに応用、実践されている「ボバースコンセプト」のハイブリッドなリハビリを提供します。
自費リハビリでは東海地区で唯一の「川平法」のリハビリテーションを提供できる実施施設として公式に認められています。

川平法とは

川平法とは鹿児島大学医学部名誉教授、促通反復療法研究所(川平先端リハラボ)所長の川平先生が開発された、脳卒中や脊髄損傷等による上下肢、手指の麻痺に対するリハビリテーションです。
医学の進歩に伴い、脳や脊髄損傷の中枢神経細胞の可塑性(損傷した細胞の周囲の細胞が損傷部分を補う)が明らかになってきました。
「川平法」では、繰り返し同じ動きを行うことで損傷した神経細胞の代わりを担う神経回路の再建、強化を行い、麻痺の回復を目指しています。

ボバースコンセプトとは

ボバースコンセプト(ボバース概念)とは、イギリスの医師であるカレル・ボバース博士と理学療法士であるベルタ・ボバース夫人により開発されたリハビリテーション概念の一つです。中枢神経系の障害による、機能あるいは運動、姿勢制御の障害を持つ患者様に対する評価と治療のための問題解決アプローチであり、簡単に言い換えると

ヒトが最大限の能力を発揮できるよう多方面の最新知識を元に、リハビリプログラムを組み立てる考え方

ということです。
あきらめず、留まらず、常に新しいことに挑戦し続けるボバースの精神と、「患者さん中心」というボバース概念の核を大切に、あなたの最大限の能力を引き出す訓練を進めていきます。

最大限の能力を引き出すリハビリ

当院では来院された方の「最大限の能力」を引き出すリハビリを提供させて頂いています。
最大限の能力を引き出す方法が「手による治療」なのか、「機械を使用しての治療」なのか、「両方とも使用する治療」なのかは人によって大きく異なります。
その時の状態や動きに合わせて適切な治療方法を選択し、リハビリを行う事で更なる改善を目指していきます。

医療機械の実用例

不快でない程度の電気刺激で動きにくくなった筋肉を促通しながら訓練を行うことでより訓練効果を発揮しやすくします。

振動刺激を使用して力が入り動きにくくなった部分の緊張を緩和させてから運動療法を行うことでより訓練効果を発揮しやくなります。

最新AIによる身体解析

独自開発された最新AIによる身体解析機器により筋肉の状態や重心位置、身体の歪みまでを数値化して表示します。
結果をもとにどのようなリハビリテーションがあなたに効果的なのかを詳しくお伝えし、開始時との身体変化を一目で分かりやすく説明します。

充実したアフターサービス

リハビリが無い日でも自宅や職場等で行えるような自主トレ内容を動画で分かりやすく解説します。動画も自宅で見て頂けるようになっています。
また、自宅での訓練方法で分からない事があればすぐに質問ができるようLINEでのチャット機能も使用して最短で目標達成ができるようにサポートしています。

装具の作製、修理、調整

当院は装具作製の専門職である「東名ブレース株式会社」さんと提携を結んでおり、利用者様一人ひとりに合わせてオーダーメイドで作製します。名古屋市内の自費リハビリ施設で連携しているのは当院のみです。
理学療法士と連携しながら在宅での生活、屋外の移動などを支援していきます。装具の破損や調整についてもお気軽にご相談下さい。

※装具の作製、修理は保険外適応になります。予めご了承下さい。

まずはお試しください初回お試しコース

期間限定
お試しコース無料

鍼施術

リハビリ

医療機器・動画検査

カウンセリング

あなたの症状お聞かせください

052-212-6889 お問い合わせ