【動画あり】Q&A 鍼灸治療について

2021.03.17

こんにちは理学療法士の岡田です。今日はご利用者様からお問い合わせのよくある「鍼灸治療について」を動画で説明します。

鍼灸師の矢澤先生お願いします。

いかがでしたでしょうか。鍼灸治療と一口に言っても色々あるんですね。勉強になります。(*- -)(*_ _)ペコリ

動画の概要

鍼灸治療について 

・どんな針を使っているのか?

衛生面を考慮して使い捨ての中国鍼を使用しています。当施設では脳梗塞に特化した鍼灸技術を行うため中国鍼を使用しています。

・鍼治療っていたくないの? 

少しちくっとする感じはありますが患者様の感じ方(針刺激に対して敏感な方等)によって刺激量を調節しながら行うので安心して受けるこ                   とができると思います。

・鍼灸治療の効果

脳梗塞に特化した治療法を行いますので鍼そのものの効果。鍼灸治療によってリハビリテーション治療の効果を向上させます。

・鍼灸治療方法

醒脳開竅法という脳梗塞に特化した治療方法を行っております。醒脳開竅法は脳卒中の急性期に発生する意識障害と後遺症に対する特殊鍼治療法です。現代中国では最も有名な脳卒中の鍼灸治療法であり有効率97%を誇る脳梗塞の治療法になります。

・これだけの有効率を誇っている治療法ですが日本ではまだまだ実施されておりません。その理由は?

理由①手技が難しく習得するのに時間がかかる。②刺激量が多い。

・どうして当施設ではその難しい醒脳開竅法を行うことができるのか?

醒脳開竅法は、1972年に天津中医学院第一付属医院(現:天津中医薬大学第一付属医院)院長の石学敏教授(現在は名誉院長)を中心に開発されたものです。当施設は天津中医薬大と提携しており技術交流をしております。また、当法人の代表が実際に中国に渡り醒脳開竅法を学んでこられました。効果性・再現性を熟知して日本に帰ってこられました。

そう言った経緯があって当施設では醒脳開竅法を実施することができるのです。