52脳梗塞シリーズ 反復性の原則 リハビリテーション方法 脳梗塞後遺症の治療効果 

2021.07.23

反復性の原則


トレーニングは1回めちゃくちゃ頑張ったからと言って、すぐに効果が現れるものではありません。 どんなにスゴイ、カリスマ、ビリーさんとかが考えたトレーニング方法でも2・3回やっただけでは効果は得られないのです。

繰り返し、繰り返し反復してトレーニングすることで、やっと効果がでるのです。これが「反復性の原則」です。

反復横跳びのイラスト(男の子)

負荷を高めながらトレーニングを継続していくことで、効果が高まっていくのです。また、継続して行わないと筋肉は減っていってしまう為、 効果を得るためには、継続することが何より大事です。運動は一生ものと考えて習慣にしましょう。

トレーニングを始めて8週間前後までは神経と筋が促通されて行く期間です。筋量の変化が見られることはありません。そこでやめてしまうと。なんのこっちゃわかりませんよね。筋の増大といったトレーニング効果を得るためには3か月程度必要なのです。

その為には負荷を徐々に増やしながら何回も何回も繰り返しトレーニングを行っていかなければならないということです。

3日坊主では何も得られないということです。